ユーザーに価値を提供するという新しいコンテンツの風俗SEO

SITEMAP

風俗SEO

風俗店がSEOに力を入れる訳

今ではかなり一般的になったSEOというキーワード。簡単に言えば「検索エンジン対策」ということになります。さらに風俗SEOでは、デリヘルやホテヘルなど無店舗型といったほぼすべての集客をWEB経由で行っている風俗店にとっては最重要項目なのです。何故かと言うと風俗SEO対策をするかしないかで、売上(集客数)が大きく変わってくるからです。これはどういうことかというと、検索結果の表示順位によってクリック数が大きく異なり、例えば検索結果の最上位に表示されるページと2番目に表示されるページを比較した場合、倍以上違うというデータも存在するのです。もちろん表示順位が下がれば下がるほどクリック数は落ちていき、2ページ目以降では「クリック数1%いけば良いほう」という自体になっています。
もちろんこれば業界や検索ワードによって異なりますが、全体の傾向としてはこのようになっているのです。どれだけ風俗SEO対策が必要不可欠なものかお分かりいただけたでしょうか。風俗業界では風俗SEO対策に力を入れるお店が多くなってきています。風俗SEO対策と一言でいっても様々なものがありますが、その中の一つに「ユニークなコンテンツ」を用意するという手法があります。ユニークなコンテンツとは、「他のサイトには無い、ユーザーに価値を提供する」コンテンツのことです。このような観点で色々なお店のWEBサイトを除けば新しい発見があるかもしれませんね。

集客に直結!風俗SEO

「SEO」という言葉をご存知でしょうか。一昔前までは専門的な知識でしたが、ここ数年でかなり一般に広まってきた言葉です。SEOとはSearchEngineOptimizationのことです。検索エンジン最適化を意味で、簡単にいってしまうと検索結果に上位表示されるためのアレコレという事になります。わかりやすいサンプルを一つ挙げるとすると、有名なSEO対策の一つとして、「ブログ記事のタイトルに検索してほしいキーワードを入れ込む」というのがあります。
例えば「美白クリーム」で上位表示したいと思った場合、ブログタイトルにキーワードを入れて「実際に試して本当に勧めたい 美白クリーム10選」といった感じに仕上げるというような事です。もちろんSEOの手法はこれだけにとどまらず、初歩的なものから専門的なものまで幅広く存在します。そして今やどの業界でもSEO対策は必須となっています。
そしてそれは風俗業界でも「風俗SEO」として同様なものになります。特に風俗SEOを行うお店は、店舗型ではなくデリバリ-タイプの風俗がメインですので、そうなると、WEBでの集客が全てとなります。例えば「新宿区/デリヘル」などの検索結果の1ページめに表示されるか、10ページ目に表示されるかで、売上が全く異なることになります。このような事情があり、現在どのお店でも風俗SEO対策に力を入れているのです。

大規模風俗店が風俗SEOで有利な理由

SEOはサーチエンジン最適化のことで、インターネットでビジネスを展開する場合には必須の条件です。SEOは通常、ホームページを記載する場合に詳細な情報を記載したり、読み応えのある記事を配置することでサーチエンジンの検索結果をより上位に表示させようと試みます。ここで、風俗の世界でもSEOは重視されつつあります。現在、男性が風俗店を探すときにはネットで探すのが主流です。ネットで利用したい地域と風俗店のジャンル名を入力して探そうという場合、検索結果の上位に表示されたお店であれば、利用客を増やせる可能性が高まります。そこで、多くの風俗店ではホームページや女性の写メブログなどを充実させることで風俗SEO対策を図ろうとしています。
また、風俗SEOでは大規模店になるほど有利になる傾向があります。大規模風俗店になれば、所属女性の数が多くなります。女性の数が多くなればなるほど、ホームページの構成は充実し、ページ数は多くなります。大手検索エンジンを始めた検索サイト結果では情報量が多いホームページを高評価する傾向が強いので、風俗SEOの観点からすると大規模風俗店が有利となるのです。一般的に風俗SEOに力を入れている風俗店は、男性客の評判や評価を気にする傾向が強い、優良店である場合が多くなっています。

TOP